本当の価値が分かるところ

千円札

自宅にある古書の買取りを検討している方の多くが、大手の古本チェーンへ持っていこうと考えているはずです。確かに、大手の古本チェーンであれば自宅の近くにあるでしょう。郊外の店舗であれば、大きな駐車場が完備されており、車での持ち込みも可能です。スタッフも多いので、査定時間もそこまで長くはかからないでしょう。メリットも多く考えることができます。ですが、大手の古本チェーンには大きなデメリットがあります。それは、古書の価値を本当に理解できていないことです。
大手の古本チェーンが買取りをする際に査定を行うのはアルバイトです。大手の古本チェーンでは、古書の作品として価値は関係ありません。本の状態や今の流行りだけを基準にしています。そうすることで、アルバイトでも簡単に査定ができるようになっているんです。どれだけ価値のある古書であっても、マニュアル通りの価格を付けられるに過ぎません。これでは、せっかく価値のある古書を売っても損をするだけです。
ですから、古書の買取りをしてもらうときは、街の古本屋を選ぶのがいいでしょう。個人で古本屋を経営されている方は、いわゆる本マニアです。古書の価値を十分に理解しているんです。多少状態が悪くても、今の時代に流行していないものでも、本当に価値のあるものを見極めてくれます。そして、高い価格で買取りをしてくれるんです。
これか古書のを売ろうと考えている方は、大手の古本チェーンではなく、街の古本屋で買取りをしてもらいましょう。そうすれば、損をすることもないでしょう。